FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽の変遷

先日、イギリスのロックバンド”コールドプレイ”のライブに行ってきました。

ん~想像以上に凄かった! 圧倒されて言葉に出来ません。

DSC_0012(1)_convert_20170424115532.jpg
DSC_0014(1)(1)_convert_20170424115644.jpg


こんにちは杜氏の山口です。

音楽は人それぞれ、自分の好きなジャンルやアーティストがいたりと相性があると思います。

だから、友人がこの音楽が好きだと言っても、ちまたで有名な曲が流れても無関心だと思います。

人は音楽に何を求めているのか?

私は聞くだけの人ですけど・・・・・。


少年時代からの変遷をたどってみたいと思います。

最初に音楽に触れた記憶は小学生のころ。

皆で歌ったり、楽器を演奏したりと楽しかった思い出は一つもありません。

特に文化祭や音楽発表会では、笛やハーモニカから脱却したこともなく、その他大勢の部類に入ると思います。


今でも忘れませんが小学校高学年の頃、グループに分かれて作詞と作曲をして皆の前で歌を披露する授業がありました。

とんでもない無茶振りですよ。

何の才能もない小学生が。

私たちのグループは知恵を絞って考えました。

音楽の教科書には色んな歌が載っています。

そのフレーズを幾つかつないで何とかその場をしのいだ記憶があります。


中学校の音楽のテストで。教室のスピーカーからピアノの和音が流れて、その音はどれか?

確かにボーンと音はしたが、今のは何・・・・? 

子供心に「いったい何の役にたつのか」。

音楽のテストは○×問題で点数をかせぐしかありませんでした。

だから、嫌いでした。

それでも、中学一年生のときに父親がどこかで買った中古のテープレコーダーを私にくれました。

カセットテープではありません。

年代物で終わると途中でテープ外れて、また聞くときは巻きなおす代物です。

中学入学のお祝いに買ってもらったFMラジオから流れる曲を、静かにだまって録音した記憶があります。

その曲は兄妹が歌うカーペンターズでした。


激変したのは東京に行ってから。

あの新聞配達時代に出会った男。

彼は高校時代バンドを組んでいたらしくベースを弾いていたと言っていました。

そのせいもありロックにはむちゃくちゃううるさく知識があります。

私はチンプンカンプン。

あのロック。ただがガチャガチャうるさくて耳障りな音。

さっぱり良さがわかりません。

それでも自然に聞かされ、ウンチクを述べられているうちに洗脳されました。

あれから30年以上たちました。

今でもロックは好きです。

歌詞の意味は解らなくても声と楽器の奏でるサウンドは心に響きます。

音楽は自分の心を写す鏡のように感じています。

その時の感情で別の意味の曲にもなります。

私の音楽人生は「共感」の一言ですね。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。