笹梅雨


梅雨はいつも笹団子が連れてきます。

毎年、あえて嘴を入れず、心のなかで留めているところです。
どういう訳か丁度梅雨入りの頃に祖父母から笹団子が届くことを。

33.jpg


※笹団子とは笹の葉でよもぎのお団子を包んで蒸した新潟の郷土菓子で初夏の風物詩です。

祖父母とお手紙のやり取りでの
【笹団子が届きました】の書き出しは
【梅雨に入りましたね】という私たちの間だけの時候の挨拶になります。

率直に申し上げますと、好きな食べ物ではありませんが
梅雨入り頃の楽しみであり、意味がある特別な食べ物です。


さて、この間は海に半日いました。
11_20170626124031ab2.jpg


22_20170626124033c93.jpg


ついでながら、昨年スマホをこの海に流しました。
人魚と連絡でもとれたら良いのですが。

この夏、海へお出かけの際はお気をつけください。

✻水平線の影は佐渡です。

夏本番までもう少しですね。
楽しい計画をお立てください。

営業推進部の坂下でした。

山と焼き鳥と私

 山に、登りました。

170621 入口

ダイエットの延長です。
 


小学生の頃 ヘトヘトになりながら

学校行事だからと仕方なく登ったのを最後に

登山なんか二度とするかと心に決めてから10年。

私は変わりました。

 
 
□SNSに投稿されるその山の頂上の景色をよく見かけます。

□出勤前に毎日登っている人もいるそうです。

□部活で走って登らされたとも聞きます。

上記を踏まえ、普通に歩いて登るには安易な山。


朝6時。 気温13度。 天気は曇り。

友人と2人、登山開始。

既に下山している人がちらほら。


"晴れ"だという天気予報に裏切られ

運が悪いと嘆きながら 10分経過。

「こういうのたまにはいいね、また登ろうね」

余裕綽々。

(まだ頂上の兆しすら見えていません)
 

20分経過。

一歩ずつ高くなる段差。

上がる息。

まだ涼しい早朝にもかかわらず 吹き出す汗。

「この階段、人用なの?」


30分経過。

5歩進んでは止まる。
 
気が付くと四足歩行。

これを走って登るってどういうこと?

出勤前に毎日登るってどういうこと?

聞いてない。聞いてない。

あまりの苦しさに登る山を間違えたのかと疑いだす。

後ろから軽快に登ってくる私の腰あたりの身長の子どもたち。

『 おはよーございまー す!』

疲れを感じさせない笑顔。

弱冠21歳 体力の無さを痛感。


一緒に登っている友人とは

毎日のようにジムへ通い

筋トレに励んでいますが

山には通用しないようです。


その後も休み休みで

頂上に着いたのは登山開始から55分後。


漸く、SNSで何度も目にしたあの景色を私もこの目で実際に。

…とはいかず、見慣れぬ雲景色。


この日は今年初の「雲海」だそうで。

(通りすがりの方が教えてくださいました)

1706212雲海

170621 雲海2
登ってる最中もずっとこの景色。

さっきまで曇りの天気に不満だった気持ちが

晴れ渡りました。

まるで違う景色。

だってレアな日。

(とても単純)

何度も登っている人も見たことがないと言っていました。

私は運がいい。


気分を良くして頂上でしばらく休憩後に下山。

登りとは打って変わって転がるように下りました。

膝が笑う、笑う。大笑い。


下りきってコンクリートに足を着け、

「また登るよね」と再確認。 (いつかは不明)

 
舐めてかかった初めての山に体力を奪われ

即 帰宅かと思いきや、

170621 キャ


そのまま河原でキャッチボール。

その後はいつものジムで筋トレ。

それでも有り余る体力を残して地元湯沢の温泉へ。

「もう1回登ったら、ご褒美に焼き鳥食べに行こう」

友人と約束。

ダイエットはいずこへ。
 

登って良かったです、坂戸山。

 
人生の記念日。

170621 頂上

2回目はいつかな。

お目当ては焼き鳥、総務の田村でした。
 

長いトンネル



うちそとをご覧の皆様こんにちは。
ボトリング仲林です。

今回は白瀧野球部の活動報告ということで、
先日行われた練習試合の様子をお伝えしたいと思います。


野球2

野球3

野球4


こんな感じで、中盤までのリードを守り切る事が出来ず惜敗・・・
とても悔しいです。

この悔しさをバネに、7月の南魚沼市長杯や10月の湯沢町長杯に
向けて、より一層練習を頑張りたいと思います。


ボトリング仲林でした。








健康生活

現実を受け入れ難いですが、私も30代後半に差しかかろうとしています。

いわゆるアラフォー、around 40、端的に言うとおじさんです。

信じたくないですがこれが現実です。

まだまだ若いと思っている自分とは裏腹に、衰えはじわじわと、確実に襲ってくるのです。

20代の頃はどちらかと言うと不摂生生活で、健康的な生活とは無縁でしたが、

ここ1~2年でしょうか、健康が気になる年頃になってきました。

まずは禁煙に挑戦し、ようやく1年半が経過。

「もう吸いたいと思わないでしょ?」とよく聞かれますがが、そんなことありません。

一度吸ったらまた始めてしまうと思うので、自分を戒め、今後も強い意志で挑戦し続けたいと思います。

そして禁煙の結果、実感した事。

「ご飯が美味しくなる」 = 「太る」という事。

巷でよく言われていますが本当でした。

年齢的に代謝が落ちてきている事もあると思いますが、お腹回りが肥えていく悲しい現実。

少し前まで着れていた服がどんどんキツくなっていく切なさ。

これはマズいと思って取り組み始めた事。

「ランニング」

時間の許す限り、平日・週末問わず走るよう心がけています。

こちらも禁煙と似たところがあって、「今日も走る」という強い意志が必要不可欠です。

いかにモチベーションを継続していくか、これが一番の課題ですね。

取り組み始めて3ヶ月、今後も強い意志で継続していきたいと思います。

そしてたまには、

山に登ったり、

1_20170619164914cdf.jpg

釣りに行ったり、

2_201706191650266d9.jpg

もつ焼いたり。

3_20170619165139e5e.jpg

楽しんでリフレッシュする事も大切ですよね。

心身共に健康生活を心がけるアラフォー坂大でした。

筋肉痛との戦い。

こんにちは。営業部の佐藤です。

最近、私は友人の「マラソンでるっしょ?」の軽い一言で
マラソンライフが始まっております。

昨年の10月には、ノリと勢いだけで新潟シティマラソンのフル(42.195km)に参加しました。人生経験として一度は、走ってみたかったフルマラソンでしたが、
ここで学んだことはただ一つ。軽はずみな発言は自分を苦しめること。

参加すると友達に言ってはみたものの、ほとんど練習もせず本番を迎えることに、
なんとか完走はしましたが、その日の夜から想像を絶する筋肉痛に襲われ
眠ることもできず。24年生きてきて初めての経験でした。
立ち上がることも歩くこともままならず、もう二度とフルマラソンは走らないと
心に固く誓いました。

それから冬になり雪が降ったため、マラソンからは遠ざかっていましたが
春になると、また同じ友人から悪魔のささやきが...

「グルメマラソンでるっしょ?」

グルメマラソンとは、南魚沼市で開催される地元の食を堪能しながら楽しく走りましょう
といった今年で8回目となるイベントです。
※ぜひ興味のある方は地元活性化のため来年ご参加お願いします!走ると茶碗がもらえます!

image①    image③

もう走りたくありませんでしたが、ハーフだから大丈夫と意味の分からない説得をされ
地元開催とのこともあり多くの友人が参加することから、しぶしぶ走ることに。

フルを走れたからハーフも大丈夫だろうと根拠のない自信を持ち本番に臨みましたが
その自信は開始すぐになくなり、照りつける太陽と格闘すること約2時間。なんとか完走。
マラソン後の食事を楽しみに走りましたが、疲労のため何も喉を通らず...
盛り上がる会場を横目にすぐに家に帰りました。

そろそろお気づきの方もいるかと思いますが「あれ?こいつ全然走ってないな。」
と思われたあなた。正解です!

冒頭にマラソンライフの始まりと書きましたが、お察しの通り言うほど走っておりません。
毎回、ほぼぶっつけ本番のような形で出場し次の日の筋肉痛に苦しめられております。

きっと秋口にまた、悪魔のささやきが聞こえてくると思いますので、それに向けて
少しずつ走りたいと思います。マラソンライフの発言が嘘にならないように...

image②


最後になりますが7月4日(火)に【ロック酒の上善如水 純米】
出荷開始となります!
夏の暑い時期にキンキンに冷やした日本酒を氷に浮かべて、カンパイして下さい!

image④